投稿日:2022年1月19日 更新日:

多種多様な左官仕上げについて

こんにちは!弊社は東京都江戸川区に拠点を置き、主に関東圏で左官工事や特殊左官工事を請け負っている有限会社飯村左官工業です。
弊社では、お客様が理想とする仕上がりと建物の安全性を考慮した最適な施工プランをお届けしております。
今回のコラムでは、多種多様な左官工事の仕上げについてご紹介します!

コテ波・扇仕上げ・スパニッシュ仕上げ

コテ波とは、漆喰で仕上げる時によく使われる技法で、コテで素材を塗る際に平らにするのではなく、わざと塗り跡を残すようにして仕上げます。
作業を行う職人によって、跡の残し具合が異なるため、事前の打ち合わせが重要になります。
また、扇仕上げは扇状の模様を残しながら仕上げる技法のことで、使用するコテの種類によって仕上がり方が変化する点が特徴です。
スパニッシュ仕上げは、壁全体を厚塗りした後にコテの角度を利用して、長方形の模様を付ける仕上げ方です。

スタッコ調仕上げ・マーブル仕上げ・ハケ引き上げ

スタッコ調仕上げとは、壁全体に凹凸が残るように塗り、ザラザラとした質感に見えるように仕上げる技法です。
マーブル仕上げは、壁上で2色の素材を混ぜ合わせながら仕上げていく塗り方で、色の組み合わせや混ぜ加減で、さまざまな風合いになります。
また、ハケ引き上げは大きなブラシを使用した塗り方で、横線模様を残しながら仕上げていきます。
このように、左官工事の仕上げには多種多様な仕上げ方が存在しているのです。

飯村左官工業へご相談ください!

左官工事の業者をお探し中の方は、ぜひ有限会社飯村左官工業をご検討ください!
塗り壁を検討しているけど、どれが良いか分からないというお悩みをはじめ、多種多様なお悩みにこれまでのノウハウを駆使して全力で対応いたします。
弊社には、多数のベテランスタッフが在籍しておりますので、ご安心ください!
皆様からのお問い合わせを従業員一同、心よりお待ちしております。

【求人】飯村左官工業では新規スタッフを募集中!

有限会社飯村左官工業では、左官工として現場で従事してくださる新規スタッフを求人募集中です。
弊社では、経験者・未経験者を問わず募集しており、未経験者の方は基本的な作業からご担当いただくため、業務に必要な技術や資格の習得に安心してチャレンジすることができます!
先輩スタッフが一から丁寧に指導いたしますので、ご安心ください。
皆様からのたくさんのご応募を、心よりお待ちしております!

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

有限会社飯村左官工業
〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町7-26-2 プロヴァンスファーム202
電話:03-6638-6233 FAX:03-6638-6234
東京都知事許可(般-28)第145548号

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

左官工事

左官工事

大東建設 日本橋小伝馬町 …

池袋北口新築工事

池袋北口新築工事

日本一高い!ホテルを建設中です。 写真は完成イメージです。 …

左官工事

左官工事

最近の投稿

2020/11/12

左官工事

2020/10/22

左官工事

2020/07/12

技能実習生

2020/07/02

左官工事

2020/06/08

左官工事